Facilitation of my Life

あなたの理想を思い描き、子どものようにワクワクしながら、実現させるためのヒントを思う存分受け取ってください

セミナー講師が講師じゃない理由

私セミナーとか
ワークショップとか開催してますし、
講師としてお仕事を頂くこともあります。

でも、お話を聞いて頂く方との関係性は
自分が講師にならないように
気を付けています。

講師というと
これは私の個人的なイメージですが、
なんか上下関係がある気がするのです。

上下関係は
「私が苦しいのです」

自分が上でなければならない
という観念を持っていると、
私より優秀な人はいっぱいいるのに
そういう人がお客さんだったら
困ってしまうのです。


だから私は
ファシリテーターという立場に
こだわっているのです。


ファシリテーターは
「促進者」


その人が元々持つ力を
引き出し伸ばす。

本人以上に可能性を信じ
未来を一緒に創ります。

促進者だから
相手がどんなにすごい人でも
優秀な人でもいいのです。


だから、私のお客様は
私より凄い人が
いっぱいいます。


ただ、どんない凄い人でも
「自分のことはよく分からない」
のが普通なのです。

外からしか見えない
外からだから見える
ものがあるのです。

その人の中にある
強みや光が見えるから
本当に凄いなと心から思って
お伝えしているのです。


セミナーやセッションでも
私をニックネームで呼んでくれる人もいます。
むしろ本音で深い話ができるから
その方がいい。

私が求めるものは
参加された方が
受けとりたいことを受け取れる
ということ。


その場の雰囲気やエネルギー
参加される方の「今」
を大事にするので
ワークの内容や流れを
変えることもあります。


講師じゃないことにこだわる。
講師としてこうあるべき
という観念を手放しているからこそ、


私が求める
「相手を輝かせる」
という私の思う完璧が手に入るのです。

★ラクに人生が変わる「感情リーディング」
7日間の無料メール講座の詳細はこちら
http://life-facili.com/emotion-stepmail/


◆公式LINE
「ここだけの話」「会員限定価格セミナー情報」などをお届けしています↓

友だち追加


◆メルマガ登録はコチラダウン 
https://mail.os7.biz/add/QTqp


★100%仕事で折れない感情マネジメント Clover出版

https://www.amazon.co.jp/dp/4867340154/