光と闇

誰にでも無限の可能性がある

そう聞いた時は

自分には可能性なんてない
そう思っていた私の心に
救いと希望をもたらせた

だけど

一筋の光と同時に
闇が発生した


自分には可能性はないと思っているけれど
百歩譲ったとして
まだ自分では気が付いていないものが
どこかにあるのかもしれない

だけど

「無限はさすがに言いすぎじゃね?」

そう思っていた

無限の可能性を信じるヒント

この考えがひっくり返ったのは
「未来は自分で創れる」ということを知った時

自分がイメージできる世界は
確かに存在していて
イメージは自分の自由にできる

ということは
未来は自分の自由にできるということになる

未来を自由に創れるのなら
それは無限の可能性を持っていると言っていい

これは誰にでもできるから

誰もが無限の可能性を持っているということになる

コンサルティングでは経営者の無限の可能性を信じる
カウンセリングでは相談者の無限の可能性を信じる
プロジェクトでは部下やメンバーの無限の可能性を信じる
子育てでは子どもの無限の可能性を信じる

自分で未来を創っていくためには
ビジョンと行動と共に
感情が大きなヒントをくれる

今校正をしている本は
未来を創っていくための

大きなカギ
感情がくれるヒントの読み解き方を書いてます

誰もが持っている無限の可能性を
誰もが使いこなせるように

願いをこめて

◆【公式LINE】 「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など お得な情報をお届けしています↓ 友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン https://mail.os7.biz/add/QTqp