キャリア支援で思うこと

人の人生に関わる仕事は
やり直しができない

だからこそ
その瞬間に最善だと思うことをするけれど
正解は誰にも分からない

どんなに全力を尽くしても
いつも反省する

かける言葉はこれで良かったのか?
もっとできることはなかったか?

アスリートのキャリアを支援する
「日本営業大学」でドラフト会議を開催しました
(日本営業大学のHPはコチラ)

独立起業希望者はビジネスマッチング
就職希望者は就職マッチング

私はキャリアコンサルタントとして
入学前から彼らと関わってきました

受講生一人ひとりの
事業PRや自己PRのプレゼンを聞きながら
その成長ぶりに感動して泣きそうになり

「いかん!これでは司会進行役の仕事ができん!」と思い直し
必死に涙をこらえました

教えてはいけないこと

キャリアコンサルティングで
意識していることは

「個々が持つ色を、別の色に染めないこと」

彼らは既にスポーツで積み上げてきた
才能と強みを持っている


私の役割は
既に存在しているポテンシャルという点を
ビジネスという点につなげること

既に持っているのだから
やたらと導く必要はない

もちろん履歴書の書き方とか面接のコツは伝えるけど

才能や強みは
教えるのではなく
気付いてもらうこと
思い出してもらうことが大事だと思っています

応募書類を添削することは簡単だけど
それだとキャリアコンサルタントの色が入ってしまう

キャリアコンサルティングを受ける方は
分からなくて
苦しくて
「教えてくれよ!」って思うかもしれない
その気持ちが分かるからこそ
私も苦しい
その苦しみの中で
どうしたら彼らが自分自身で答えを出させるか
必死に考える

時には時間をかけて
自分と向き合うからこそ
プレゼンや面接で
「本来の自分を」
「自分の言葉で」
伝えることができるのです

そういう意味で
なるべく答えを言わないように
教えないようにしているつもりだけど

それでもやっぱり
余計なことをしたのではないかと思うこともあって
毎回反省する

今以上を目指す


人の人生に関わる仕事で
「これで良し」だと思ったら終わり
成長は止まる

毎回毎回
自分に合格点を出さず
常に今以上を目指すからこそ
誰かの大事な部分に
関わらせていただくことができるのだ

教えてあげようなんて
自分のエゴでしかない

何もしなくても
彼らは十分輝いている

その輝きを活かせる場所へ
みんなが進んでいくことを祈ります

◆【公式LINE】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」などお得な情報をお届けしています↓

友だち追加

◆メルマガ登録はコチラ
https://mail.os7.biz/add/QTqp