才能はどうやって見つける?

才能はごく一部の選ばれた特別な人が持つもの
私には才能なんて何もない

そう思っていた私の考えを
ガラッと変えたのは1冊の本でした

「自分の才能の見つけ方」本田健著
フォレスト出版

特に
「ネガティブな感情を使って才能を見つける方法」では

イライラ
嫉妬
絶望

から才能を見つけるのです

絶望がヒント

才能ってなんか表彰されたり
大会で優勝したり
そういうので見つかるものだと思っていたから
ネガティブな感情から見つかるのは衝撃的でした

人に自慢できるような
優秀なものはないけれど
ネガティブな感情なら
たくさん持っている自信があった

私が自分の才能を見つけたのは
正に「絶望」がヒントでした

職場でパワハラにあい
うつ状態になった頃
思い出しただけでも
理由もなく涙が出そうになって
嫌な気持ちになる

こんなところから才能が?
本当に見つかる?

そう思いながら
嫌な気持ちの反対側を見ていくことで
少しずつ大事な何かに気付いていきます

才能が見つかると
あぁ だからこそ
この辛い経験だったのかと
嫌な気持ちの涙は
気付きと学びと感謝の涙に変わる

この本がきっかけで
私はライフワークを見つけ
自分の才能を分かち合うことで収入を得る
生き方ができるようになりました

そして、これが今の私の
「ネガティブな感情から感謝を見いだす」
感情コンサルタント®️
の軸になってます

公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓

友だち追加