「億を稼ぐ勉強法」
(クロスメディアパブリッシング)の著者
小林正弥さんのセミナーに参加しました

相手をどう動かすか?

時給900円からどうやって1億円プレイヤーになったのか?
気になりますよね?

元々億を稼ぐ方法は会社を7つ持ちながら
自分は出社せずに稼いでいる社長から
その方法を教えてもらい
それを教育ビジネスに応用したそうです

時間とお金の自由を得るためにはどうしたらいいか?
が基になっているので
時間を売る仕事をしていてはこれを実現することはできない

つまり1社としか契約をしていない場合や
(サラリーマンを含む)
自分が動く「代行業務」では実現は難しく
相手にどう動いてもらうか?
いてもらう仕組みをどう作るか?
これをかなり明確に説明されています

これは経営者やリーダーであれば
従業員や部下をどう動かすのか?
コンサルタントであれば顧客をどう動かすのか?
そして目標達成ならば
自分がどう行動するのか?
といろいろ応用ができそうです

お金を受け取る時期

大事なのは「カスタマーサクセス」
お客様が最短で望む結果を得るには
何をどの順番でやればいいのか?
お客様のメリットコンセプトとストーリーを明確にすることだと
正弥さんは言ってました

無形商材の場合顧客は期待値に対してお金を払うので
いただいたお金は預かったもので
顧客が結果を出した時にお金を受けとることができる
という言葉に結果に対するコミットの強さが伝わってきました

稼ぐというのは顧客にとれだけ喜んでもらえたか?の結果なのです

誰のために学ぶのか?

本には正弥さんの言葉の定義が書かれていて
勉強とは「顧客価値を高めるためのインプット&アウトプット」
成長とは「顧客に価値を与えること」
報酬とは「顧客価値の大家として受け取るもの」
事実顧客のために、常に学び続けているそうです 

私も1年以上前にセミナー参加の目的を
自分のためから顧客のために変えました

先日もスターバックスコーヒーやマイクロソフト、アップルなどの国際的な企業や様々な機関が名を連ね100万人以上の方に影響を与えてきたベストセラー作家、エグゼクティブ&リーダーシップコーチの方に直接学びにいってきたのでご希望の方に今度シェアする予定になっています

担当する企業の社長の悩みを質問しながら
自分ではなく顧客のために
どえらい金額を払ったことに
(英語だから通訳代もかかった(笑))
自分でもさすがにアホかも・・・と思いましたが

学んできたことを伝えると
皆さん喜んでくれるし
シェアする度に
じわじわと感謝される喜びがあって
不思議なことに自分のためにお金を使うよりも
大切な誰かのための方が
ずっと気持ちよくお金を使えているので
やっぱり良かったと思っています

この前に出ている本「自分を最高値で売る方法」は
ゼロから3か月で100万円の収入を得る方法が書かれていて
ワークシートに取り組むことで
USPが明確になるようになっているので
自分のコンテンツを作るにはかなりオススメです

奥を稼ぐ勉強法

自分を最高値で売る方法

——-

友だち追加

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています

ダウン

◆メルマガ登録はコチラ
https://mail.os7.biz/add/QTqp

ダウン

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) 
info@life-facili.com