違いはどこにあるのか?

セミナーに参加すれば誰でも変わる
と思ったらそれは間違いで
セミナーに参加して
人生が変わる人と変わらない人がいる

この違いは何だろう?

セミナー終了後の行動?
もちろんこれも大事ですが
実はもっと前から差がついています

必要な情報

それは
参加前にやるべきことをやっているかどうか

セミナー前に
「何を受け取りたいか」を明確にすること

今回のセミナーで
・何を解決したいのか?
・何のインスピレーションを得たいのか?
・どんな人と出逢いたいのか?
・どんな情報が欲しいのか?

参加前に書き出すことです

これは
脳のRAS:網様体賦活系(もようたいふかつけい)
(ものすごく簡単に説明すると
人間にはたくさんの情報が入ってくるけど
脳は処理できる情報が限られてるから
無意識に不要な情報を削除している
もっと詳しく知りたい方はググってください)

つまり
受けとりたいことを書き出すのは
引き寄せもありますが
「必要な情報はコレ」というのを
自分の脳に分からせることになるのです

書き出すかどうかで
間違いなく受けとることは変わります

私がこれをやりはじめた最初の頃は
書き出したうちの
2割~3割は受け取れました
毎回必ずやっているので
今では精度が上がり
ほぼ100%受け取れるようになっています

質問することを用意していても
質問する前に分かっちゃうので
聞くことがなくなった・・・
というのもしょっちゅうです

核心をついた質問とは?

質問を用意するというのも重要です
正確に言えば
セミナー参加前に
「質問の精度をあげておく」ことが必要です

大抵の場合、質問は表面的なので
いくつかの質問(会話)のやりとりで
核心にせまるわけです
逆に言えば
せっかくの貴重な時間なので
最初から核心の質問ができれば
より本質に沿ったアドバイスがもらえるのです

核心の質問って何?
と思うかもしれません

例えば
「やりたいことをしたいのですが、なかなか行動できません。どうしたらいいでしょうか?」
という質問

課題の本質に辿り着く為に
自分に2、3回質問してください

「なぜ行動できないのだろう?」

1  周りからの批判が怖い
2 大切な人に応援してもらえない
3 やり方が分からない
などなど
いろいろ答えが出てきます

お分かりでしょうか?
もし1であれば、質問は
「やりたいことがあるけど、周りからの批判が怖い。この恐れの感情をどうしたらいいでしょうか?」になるのです

更に、精度を上げるとしたら
「なぜ周りの批判が怖いのだろう?」
と自分に質問すると
より本質に辿り着けます

セミナーに参加前にやるべきことは2つ
1 受けとりたいことを明確にして書き出す
2 質問の精度を上げておく
ブレークスルーできるかどうかの分かれ道は
セミナー参加前から存在しているのです

 

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓
友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン
https://mail.os7.biz/add/QTqp

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) ダウン
info@life-facili.com