感情と環境

感情はコントロールしなくてはいけない
と思っている人が多い

子どもの頃に
「そんなので泣かないの!」とか
「そんなに怒らないの!」とか
言われたり

嬉しい時でさえ
あまり喜びすぎると
「周りのひとのことを考えて」とか
言われたりする

大人になって社会人になると
いつも怒っている人には
近寄りたくないと思うし
どんよりと悲劇のヒロインになられても
めんどくさい
人前で泣くのはみっともないと思う人もいる

つまり
感情は表に出してはいけないもの

だから
コントロールしないといけないと思うんだね

ネガティブな感情はどうしたらいいのか?

感情はコントロールしない方がいい
コントロールしようとすればするほど
できなくなる

無理に忘れようとしても
心の奥底に残っていて
何かをきっかけに
ひょっこりまた顔を出す

ではどうしたらいいのか?

感情はコントロールしないで
「寄り添う」

寄り添うとは
どんな感情が出てきたとしても
ありのまま受け止めて
肯定する

この方が
早くネガティブから抜け出せる
しっかりと感情を味わった方が
後日同じ痛みを味わう出来事が起きなくなる

感情に蓋をするのではなく
逆に他にある?
と自分に問いかけ
感情を掘り出して発掘してください

心の奥底に残っている
ネガティブな感情の
ひとつひとつにそっと寄り添うことで
少しずつ癒していくことができます

痛みや苦しみ
悲しみや寂しさ
少しずつ癒していくことで
ネガティブな感情は少しずつなくなっていきます

感情の変化

更に逆な面に意識を向けると
ネガティブな感情が起きた現象や事実から
何か必ずメリットもあったはず

感情が癒されると
やっとそのメリットに気付くことができます

感情はコントロールせず
寄り添うことが
結果的に一番早く
ポジティブな気付きを得ることができるのです

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓
友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン
https://mail.os7.biz/add/QTqp

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) ダウン
info@life-facili.com