感情は変化する

何か失敗して落ち込んだ時は

感情が変化していきます

最初は

「悔しさ、自己否定、無価値感」

自分はダメだ・・・

という感情

これが少し立つと

怒りになってきます

ちょっと待て!

この場合しょうがないんじゃない?

もっと違う言い方があるんじゃない?

そもそもああしてたら、こんなことにはならなかった

相手の悪いところを探し

周りのせいにしたくなる

自分が正しいことを証明したくなる

非は自分だけじゃないことを伝えたくなる

怒りを通り越し

少し冷静になってくると

いやいややっぱり

自分のここが至らなかった

他責にしたことに対しての許し

自分は精一杯やったという

自分自信への許し

そして

この先が大事です

「気付き」

今回のこの出来事から

自分が何を受け取ったのか?

仕事のスキルアップのきっかけ

自分の才能の発見

周りの人のあたたかさ

手放していいもの

必ずメリットがあるのです

感情は無視しない

ただ、このメリットに気付くためには

自分の感情に寄り添うことが大事です

落ち込み

怒り

許し

出てくるネガティブな気持ちを

感じないようにしていると

感情が中途半端になり

気付きを得られる状態にいきません

中途半端なまま

感情を無視すると

同じような出来事が

姿を変えてまた起きるので

再度ネガティブな感情を味わうことになります

大事なのは

感情を無視するのではなく

いきなり気付きにいこうとするのでもなく

出てきた感情をそのまま受け止めることです

自分自身の感情を

受容し共感してください

その先に気付きがあり

ネガティブな出来事から

きっと

ギフトを受けとることができるでしょう

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓
友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン
https://mail.os7.biz/add/QTqp

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) ダウン
info@life-facili.com