怒りの感情は

良くないものとする人が多い

事実怒りの中にいると
判断ができないし
視野も狭くなるし
周りを嫌な気持ちにする

だから怒りをおさめようとするけど
静めようとすればするほど
思い出して
また腹が立つ
結果怒りの中にいる時間が
長くなる

怒りは自分を知るメッセージ
なぜ腹が立つのか?を考える
許せない理由を考える

出てきた答えは大抵
~すべき
こうであるべき
と違う現実が目の前にあるから

この~すべき、こうあるべきが
自分を知るきっかけで
2つのうちのどちらか

1つは
思い込みで手放してもいいもの
2つめは
自分のもっとも大事な本質につながるもの

出てきた答えが
1つめなら
~すべき、こうあるべきを
~してもよい
に置き換えてみよう
とてもラクになるし
続けていくと
腹が立つことが少なくなってくる

出てきた答えが
2つめなら
怒りは行動のエネルギーになる
「こうあるべき」と想う世界を
あなたが創ってください
逆に言えばそれは
あなただけが出来ることかもしれません

最初私は1つめが多かったのですが
手放すうちに
ほとんどなくなってきました

数少ない怒りは
2つめなので
逆に自分のこだわりに
誇りに思っています

怒りは自分を知るメッセージ
そう考えれば
相手と勝ち負けを争うより
自分と向き合うようになり
自分へのメッセージを
読み解くことができれば
怒りはギフトだと
思えるようになるでしょう

怒りを感じない人はいません
どんなに凄い立派な人でも
腹は立つのです

違うのは怒りを感じた時
この怒りの扱い方です

怒りを無くすのではなく
逆に大切にしてください
すると
たくさんのギフトを受けとることになり
これが分かるようになってくると
最終的に怒りの出来事に
感謝ができるようになるでしょう

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓
友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン
https://mail.os7.biz/add/QTqp

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) ダウン
info@life-facili.com