目標は立てたけど一歩踏み出せない

目標は立てたけど
なんだか行動に移せない···

こんな時起きていることは3つ

1.人間の防衛本能
特に新しいことや
経験したことがないことに
取り組むときは
必ず恐れが出てくる

これ昔人間が狩りをしていた時代の
防衛本能が遺伝子に残っている
と言われています
狩りをしていた時代は
未知のことは命の危険を意味していた
だって、知らない土地に行けば
動物(恐竜?)に食べられるかもしれないし
知らない植物は毒を持ってるかもしれない

だから知らないことは
身を守るために
恐れを感じるようになってるみたいです
だから、何かにチャレンジするときに
恐れが出てきても
「あぁ 遺伝子ねー」と思って
「今は地代が違うから恐れなくてもいいよー」
って思っとけばいい

2.ゴール設定が高すぎる
設定した目標を達成するために動くんだけど
行動したことによって
その設定を達成しなければならないと思ってしまう

例えば、自分のやりたいことが見つかって
やりはじめるときに
自分の商品を売ってみるとか
セミナーを開いてみるとかするけど
買ってもらえなかったらどうしよう?
とか人が集まらなかったらどうしよう?
とか考える

これビジネスが成り立ってお金になることを
にしてるから
最初からハードルが高い
だって最初から完璧ということはなくて

本当はやってみて
修正かけたり経験積んだりしてたどり着く
その為にはまず一歩
ふみださないといけないんだけど
ゴール設定が高いから踏み出せない

こんな時は
めちゃくちゃゴールを近くに設定して
「今」「できていること」に注目する

例えば、
収入になることを目標にするんじゃなくて
まず自分の作品を作るとか
セミナーの流れを作るとか
場所を探すとか
やりたいことを見つけた自分ってすごい‼
(世の中には見つかっていない人もたくさんいる‼)
目標がある自分はすごい‼
(目標立てない人もいる‼)
とどんなに小さなことでもいいから
できていることを褒める

これができると
セルフイメージが上がるから
行動するエネルギーが出てきます

3.自己中から抜け出して自己中になる
何かにチャレンジするときにどうしても気になるのが
「周りからどう思われてるか?」
「何やってんの?」と思われないかな?
「失敗したら恥ずかしい」
いろんな感情が出てくる
ただ
残念ながら
思ってるほど他人は自分のことを
気にしてません(笑)

周りが気になるのは
自分が注目されてると思うから
つまり周りの意識が
自分に向いているという勘違い自己中
この勘違いからは抜け出しましょう

そして、周りがそんなに気にしてないのなら
「もっと自分がやりたいことをやってもいいんだ!」
と自由に行動する許可を
に出してあげてください

やりたいことをやるというのは
自己中だと思うかもしれません。
でも最初の一歩を踏み出す時は
それでいいんです

そこから少し進んでいくと
周りが気にならなくなり
自分がやりたいことに向かって
ブレずに進んでいくことが
できるようになります

そしてその先に
の人が応援してくれる時が
くるのです

一歩踏み出せない時は
少し自分と向き合ってみてください
ただひとつだけ確実に言えることは
踏み出せない自分が
悪いのではないということ

本当は前に進む力は
誰でも持っています
ただちょっと
忘れてしまっていたり
不安の中で混乱してしまっているだけです

本来の自分を
思い出してみてください
一歩進む勇気は
きっとあなたも持っています

未来への扉

◆【公式LINE@】
「人生のステージを上げる情報」「会員限定価格セミナー情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けしています↓
友だち追加

◆メルマガ登録はコチラダウン
https://mail.os7.biz/add/QTqp

◆あなたの質問にお答えします
(メルマガや公式LINE@でお答えします) ダウン
info@life-facili.com