誰かが悩んでいる時
傷ついている時
何か力になりたい
何か言葉をかけてあげたいと思いませんか?

でも相手の悩みが大きい程
傷が深い程
かける言葉が見つからない

「それは辛いね」と言ったところで
どれだけ辛いかは
本人しか分からないし
分かろうとして言葉をかけても
気持ちが分からない分薄っぺらい

どんな言葉も届かない気がして
もどかしい
それでも何か伝えようと
言葉を伝えても
やっぱり薄っぺらい言葉は
相手には響かなくて
これなら言わなきゃよかったと後悔する

こんな時は
ただ話を聞けばよい
何か言葉をかけてあげたい
これは寄り添っているようで
寄り添っていない

○○して「あげたい」
この「あげたい」という時点で上から目線
同じ目線ではないのです

同じ目線で
同じ立ち位置で話を聴くのが「共感」

相手の気持ちに共感して
言葉が見当たらない時は
「言葉が見つからない」と伝えればいいし
無理に言葉を伝えなくても
ただ聴くだけでいい

心で気持ちを聴くことができれば
ただ、涙を流したり
きゅーっと胸が苦しくなったりしながら
ただ一緒に相手との時間を過ごす

相手の気持ちに
本当に寄り添うということがどういうことか?
言葉の力は大きいけれど
気持ちが言葉にならない時もある
言葉にならない気持ちは
心で聴くようにしよう
寄り添うハート

「セミナー割引」「会員限定情報」「メール相談」など
お得な情報をお届けする
無料メルマガの登録はこちら↓
https://mail.os7.biz/add/QTqp

無料悩み相談はコチラ↓
http://life-facili.com/contact

応援よろしくお願いします


ワーキングマザーランキング