結果を出すために
苦手なことを克服しなければいけないと思いませんか?

今日は子どもの授業参観でした
勉強の話題になると
必ず苦手な科目を頑張るという話になるけれど
得意な科目を伸ばすという話にはあまりならない

子どもの頃からこの考えが染みついているので
大人になっても当然この考え方になる
ビジネスで一番結果が出るのは
自分の得意分野を活かすこと
苦手な事は
必ずそれを得意としている人がいるから
その人に任せるのが良い

得意科目を頑張らなくていいとか
取り組むことから逃げていいということを言いたいのではなく
得意分野を伸ばすことも
大切だということを一緒に教えて欲しいと思う

私は子どもには
好きなこと
やりたいこと
得意なことを
やって欲しいと思っている

成績表の保護者のサイン欄
「本人の可能性を信じています」と書いた
親が子どもの可能性を信じてあげなかったら
誰が信じてあげるのか?

人は誰でも
無限の才能と可能性を持っている
苦手を克服することにフォーカスしすぎると
子どもが本来持っている輝きを
見落としてしまうかもしれない

得意を伸ばして良い
好きなことをやって良い

子どもに一番近い大人=親
親も人間だから
完璧ではないけれど
子どもにどんな背中を見せるかで
子どもの未来は変わる
子どものチャレンジ

*******
★幸せな人間関係を築くワークショップ ~人生を展開させる人間関係の秘訣~
http://life-facili.com/workhop/

★本田健 人間関係のマトリックス スタディグループはこちら☟
https://www.aiueoffice.com/mf/mf_sgDetail.cfm?SID=486

★やりたいことを見つける! ~世界NO.1情熱発見ツール~
パッションテストはこちら☟
http://life-facili.com/passion-test/
*******
応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村 自分らしさ