ネガティブな感情は悪いものなので
フタをした方が良いと
思っている方は
多いのではないでしょうか?

特に男性は子どもの頃から
「男のくせに泣くな」とか
「男だから我慢しなさい」と言われた経験があるかもしれません
感情は押し殺すもの
我慢するものと思い込んでいるかもしれません

社会人になれば感情を表に出さないことは
一般常識やマナーとされていることもあり
ますます感情は出してはいけないものと思うでしょう

確かに感情をそのまま出すことは問題があります
ただ、感情を「感じる」ことと「出す」ことは違うのです
「出す」ことや「出し方」は相手があることなので
良い悪いがあるのは確かですが
感情を感じることは自由なのです

感情を出してはいけないことで
感情を「感じない」ようにしてしまうことが多いのです

感情はネガティブだけ感じないということはできません
ネガティブな感情を感じないようにすると
ポジティブな感情も感じられなくなるのです

私は企業の管理職研修で
感情を出してもらうワークをやりますが
ネガティブかポジティブ
どちらか一方だけ出てくるということはあり得ません
感情が出るグループは両方出てきますし
出てこないグループはどちらも全然出てこないのです
ポジティブな感情を感じないということは
人生はつまらないものになります

感情には付き合い方があります
ネガティブな感情とも上手に付き合い
ポジティブな感情を感じることで
人生の「楽しさ」「喜び」「幸せ」も
感じる人生を歩みましょう

楽しい

楽しい

応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ